Mexicola

メキシコーラ ~ロックとかフェスとかバイクとか日常とかの話をつづる更新怠りがちなブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フジ08 3日目

この日も昼までまったり過ごして、グリーンへ。

・JASON MRAZ
すぐホワイトのレンチを見るために、移動しちゃったんですが、これはフェスにはぴったりのブッキングですね。1曲聴いただけだが、すごく気持ちよかった。
グラストンベリーのジェイ・Zよろしく、「wonderwall」も飛び出し、なんともいい雰囲気を醸し出してた。
レンチ見ずに、これ見といてもよかったな。。

・WRENCH
JASON MRAZに未練を残しつつも、やっぱ1回は暴れねぇとダメだろってことで、ホワイトへ移動。
みんな同じコトを思っているのか、始まるなり、モッシュピットの暴れっぷりはもの凄かった。快晴のため、砂埃が舞いまくる。それを見かねてセキュリティが水をまく。さらにテンションうなぎ上り。目いっぱい暴れたぜ。
ただ、やっぱり昔の曲を聞きたい。

・JAKOB DYLAN OF THE WALLFLOWERS
グリーンへ帰還し、ボブ・ディランの息子。
曲にメリハリねぇなぁ。。声はいいけど。
そしてこの後、大雨。。いったん宿に帰る。

・BEN FOLDS
宿から戻ってきた頃にはもう始まってて、爆裂ピアノプレイを披露してた。
大雨で集中できなかったけど、いいライブでしたよ。たぶん。

・STEPHEN MALKMUS & THE JICKS
ホワイトで椅子に座ってまったり観賞。ペイブメントの声だぁと思いつつも曲しらねぇ。

・MICHAEL FRANTI AND SPEARHEAD
リフティングがうまい。

・LEE 'SCRATCH' PERRY
なぜかキャリーバッグと共に御大登場。頭からはお香?の煙がもくもく。
このゆるすぎる雰囲気をもうちょっと味わいたかったが、ホワイトへ移動。

・ゆらゆら帝国
昔の踊れる曲を期待するも、やはり最近の曲中心。
踊れるバンドではなくなったが、このつきぬけた独自性はものすごい。
暴れまくるギター、ドラム、冷静にうねるベースのアンサンブルに引きこまれた。

・RODRIGO Y GABRIELA
そして俺的オオトリ、ロドガブを見にヘブンへ。
THE MUSICも見たかったが、最終日に最高のパフォーマンスを発揮するだろうという考えのもと、ロドガブを選択したわけだが、大正解。
ロドリゴは立ちっぱなしで、客煽りまくるし、ガブリエラは「いったい何なんだ!?」っていうぐらいあらゆる奏法を繰り出してくるし、最高だった。
ホント、ガブリエラの右手はどうなってんだろうね。神の手に見えたわ。あんなにギター叩きまくって、痛めないのか心配だけど。
去年、コーチェラで見たときよりも、明らかに上がったパフォーマンスで、狂熱のライブでした。

やっぱりすげぇーー!!!

というわけで、全体的なメンツには大不満を残しつつも、局所的にはやはり素晴らしいライブが繰り広げられていて、もっと楽しむ精神を持って望むべきだと思った。
でもやっぱり、来年はブッキングがんばってね、smashさん。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/09(土) 01:40:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

SYSTEM OF A DOWN ON THE MOVIE

いやぁ、夏いっすねぇ。
月末に迫ったフジロックとビールが楽しみです。

さて、今日はちょっとシリアスな話題。
バンドの活動は休止中ですが、メンバー個々の活動は活発なSYSTEM OF A DOWN。
そんな彼らが制作に大々的に関わった映画『SCREAMERS』という映画があります。

これは、SOADの曲でもたびたびテーマにされるアルメニアンジェノサイドを描いたドキュメンタリー映画です。
で、この映画、日本では公開されてこなかったのですが、先日1回だけ難民映画祭という場で、上映された模様。
平日ということもあり、見に行けず、悔しい思いをしたのですが、再度上映に向け、奮闘を開始された方がいるようです。
まずは会場を探しているようなので、お心当たりある方は、ぜひ協力してあげましょう。
Screening SCREAMERS in Japan



はっ!これフジロックで上映されねぇかな?
  1. 2008/07/07(月) 00:19:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コーチェラ、そしてニューオリンズジャズ

コーチェラが始まってますねぇ。
もう2日目まで終わっちゃいましたけど。
今日はネット中継で、Animal Collective、Portishead、Flogging Molly、Yelleを見ました。
1日目見たいのあったけど、見逃しちゃったなぁ。。

で、5月3日・4日はNew Orleans Jazz and Heritage Festivalのネット中継やるみたいです。

ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル
米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催される音楽フェスティバル。例年数十万人規模の観客を動員する。
4月の最終週の金曜日から日曜日、5月の第1週の木曜日から日曜日の計7日間の開催が基本。
時期的に日本のゴールデンウィークと重なるため、例年日本からも多くの観光客が訪れている。
(引用:wikipedia

ふ~ん、ゴールデンウィークと重なるわけですか。コーチェラのメンツがしょぼいときは、ニューオリンズという選択肢もあるわけですね。なるほど。
しかも7日間も開催!こりゃ楽しそうだ。

今年は4月25~27日と5月1~4日の開催。この期間、ニューオリンズは働く気ねぇだろコレ。素晴らしい。
jazzを冠しているフェスですが、主だったメンツは以下。
Robert Plant, Ozomatli, Sheryl Crow, ,Billy Joel, Elvis Costello, Stevie Wonder, John Butler Trio, Michael Franti & Spearhead, The Roots, Galactic, Santana, The Raconteurs

ステージも11個あり、7日間の開催なので、もう総出演バンド数はえらいことになってます。

とりあえずネット中継は、日本時間で5月4日の4時ごろから始まるようです。
  1. 2008/04/27(日) 16:15:24|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年は海外フェス その1

昨年、ワタクシが海外フェスデビューを果たしたコーチェラが開催間近となってまいりましたね。
今年は行けませんが、来年はヨーロッパのフェス参戦&サッカー観戦をしたいなと思ってます。

というわけで、ちょっと具体的に日程もろもろを調べてみた。
今年の日程を参考に、ざっと時系列に並べてみました。

4月後半
チャンピオンズリーグ準決勝
5月中旬
チャンピオンズリーグ決勝
~5月
各国リーグ終了
6月初旬
オランダ
PINKPOP
6月初旬
ドイツ
ROCK AM RING/ROCK IM PARK
6月中旬
イギリス
ダウンロードフェス
6月中旬
スウェーデン
Hultsfred Festival
6月中旬
オーストリア
NOVA ROCK
6月中旬
アイルランド
Oxegen
6月末
イギリス
グラストンベリー
7月初旬
ベルギー
Rock Werchter
7月中旬
スコットランド
T IN THE PARK
8月中旬
イギリス
V Festival
8月末
イギリス
レディング/リーズ
8月~
各国リーグ開幕

書いてみて、改めて分かりましたが、フットボールシーズンとフェスシーズンはかぶってないんですね。。
となると英国にて、レディング/リーズ フェス⇒プレミアリーグ開幕戦って感じですね。

今年のリーズ/レディングは、私の大好きなバンド、rage against the machine と QUEENS OF THE STONE AGEが出演、さらにメタリカ、最近大好きなラカンターズ等々、自分にとって奇跡のメンツとなっております。

ちきしょう、今年行きてぇな。。
  1. 2008/04/22(火) 00:40:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE RACONTEURSの新譜がかっこよすぎる。

コンソーラーズ・オブ・ザ・ロンリーコンソーラーズ・オブ・ザ・ロンリー
ザ・ラカンターズ
商品詳細を見る

ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトの別バンド、ラカンターズの新譜がかっこよすぎる。
まず1曲目から変調とともに爆発するギターにおしっこちびりそうになる。3曲目、8曲目あたりはその美しいメロディに打ちのめされる。
クラシカルだけど、決して古めかしくない音を出すこのバンドを、是非野外フェスで見たいもんだ。
コーチェラ、ボナルー、ロラパルーザ、リーズ/レディングなど、海外のフェスには出まくってますが、フジにも来てくれないかなぁ。

  1. 2008/04/11(金) 13:48:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。