Mexicola

メキシコーラ ~ロックとかフェスとかバイクとか日常とかの話をつづる更新怠りがちなブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

察知力

元日本代表、中村俊輔の著書「察知力」を読む。
この本は、ただ一つのことしか言っていない。

「察知力を磨け」と。

そういうタイトルの本だから、当たり前なんだが、本当にそれだけなのである。
その時の状況を察知し、課題を見つけ、クリアし、引き出しを増やし、ステップアップするんだと。

彼を前へ推し進めてきたそのたった一つの教訓を、彼のサッカー人生の歴史とともに、多少の表現を変えてはいるが、延々と紹介するというものだ。
その教訓自体もなんら当たり前のことである。

幅広い層へと読んでもらいたいのだろう、サッカーファンであれば常識であることも、ちょくちょく説明が入ってくる。それに加え、同じ教訓をずっと言い続けてくるものだから、正直退屈であった。

その文面からは、彼のサッカーに対する真面目さがにじみ出ている。
その真面目な態度で、教訓を実践し、ずっとサッカーに取り組んできたのだろう。
勝ちからも負けからも常に何かを学び、さらに向上するために海外へ飛び出す。
察知し、課題を設定し、クリアし、階段を上り、また察知する。
愚直なまでのサッカーへの取り組みが、そこには記されている。

中村俊輔といえば、悲運のサッカー選手というイメージがある。
サッカー選手であれば誰もがそれを目標に置くであろう、ワールドカップに振られ続けた男である。
2002年の日韓W杯では、直前の親善試合で活躍するものの、代表落選。
2006年のドイツW杯では、体調不良でプレーに精彩を欠く。スタメンはずしをジーコ監督に直訴するほどの状況であったが、使われ続け、日本敗退の一因を担ってしまう。
2010年の南アフリカでは、キャリアもピークを迎え、中心選手としての活躍を期待されるも、ケガによりコンディション調整がうまくいかず、わずかばかりの出場時間に終わってしまう。

そんな彼のサッカー人生思い浮かべると、何度も何度も繰り返される教訓は、その厳しい現実を俺に突き付けてくる。
そんなに真面目にやっても、W杯で結果だせねーんじゃダメじゃねーか、と一蹴できるだろうか。
いや、出来るはずがない。
俺はといえば、当たり前の教訓も実践できず、日々ぼやいているダメリーマンである。
そんな俺が、肝心な時に結果がでないからと言って、常に前へ前へと向かっている人間を一蹴できるだろうか。いや、出来るはずもない。
そう、彼は彼の人生という教訓を、強く俺たちに提示してくれているのだ。

3度のワールドカップに振られ続けた男、中村俊輔。
そんな彼に、サッカーの神様は素敵なプレゼントを用意しているのかもしれない。
この本を読むと、そう思わずにはいられないのだ。

察知力 (幻冬舎新書)察知力 (幻冬舎新書)
(2008/05)
中村 俊輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2011/02/03(木) 01:53:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

扉をたたく人

すべてが流れ作業かのような生活を送るカタブツ大学教授・ウォルターが、ジャンべ奏者の青年・タレクとの出会いをきっかけに、豊かな人生を歩み始めるが・・・というお話。

タレクの、ぐいぐいと周りを巻き込む人柄が手伝い、ウォルターもすっかりジャンべの虜に。
いつもの大学生活も途端に輝き始めた。
しかし、タレクが不法滞在を理由に拘束されてしまう。ウォルターはタレクを救い出すために奔走するが…。
タレクに会うため、ウォルターのもとへやってきた、美しい母との出会いもあり、その人生は、悲しくも愛おしいものになっていく。

エンディングはある意味拍子抜けだ。ある意味。
劇的なハッピーエンドでもなく、号泣を誘う悲劇でもない。
いや、まあ悲しいんだけど、アメリカならこうなっちゃうんだろうな、みたいな。

しかし、この淡々と悲しい現実を見せつけてくる結末が、俺らの身を引き締めてくれる。
この世には不条理もあるけど、やるしかねぇんだと。
目の前にある現実に真正面から向き合うしかねぇんだと。
そんな気にさせてくれる映画でした。

特に、ウォルターが心情を激白する2つのシーンが感動的です。
1つは拘置所。まさに流れ作業で、簡単に不法移民を強制送還させる人々へ。人の人生をこんなに軽々しく扱っていいのかと。
もう1つはタレクの母へ。
あのカタブツウォルターが、感情を露わにする名シーン、考えさせられました。
★★★★☆

扉をたたく人 [DVD]扉をたたく人 [DVD]
(2009/11/20)
リチャード・ジェンキンス、ヒアム・アッバス 他

商品詳細を見る
  1. 2010/12/21(火) 00:31:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

バーベイタム

  1. 2010/05/06(木) 20:50:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コリーヌ・ベイリー・レイ

フジロックのメンツが続々と発表されてますが、今年は気合入っていると評判ですな。
個人的には、Them Crooked Vulturesの参戦がうれしすぎます。
まあ、音だけで言えば、QOTSAのほうが好きですが、なんせメンバーがスーパーですからね。必見です。

それはさておき、なにげにコリーヌ・ベイリー・レイがとても楽しみだったりします。

羽のように軽やかで、繊細で、そっと頬を撫でるような極めてピュアな声。そんな宝物にしたくなるような声の持ち主、コリーヌ・ベイリー・レイ。音楽は彼女の天職だ。

「歌を始めた原点は教会よ。そう言うと、みんなすぐゴスペル教会だと思うみたいね。私の肌が黒いというだけで」。
自身の肌の色に触れつつコリーヌが話し始めた。「でもゴスペルではなく普通の同胞教会で、毎週日曜日に中流階級の人々が集って、賛美歌を歌ったりしていただけなの。礼拝では歌うことがいちばんの楽しみだった」

その後通うことになったバプティスト教会では、伝統的な聖歌のほかに、プライマル・スクリームの曲などやや教会らしくない曲を歌う聖歌隊に参加する。「一応歌詞は変えて歌っていたのよ。普通に教会に通う人々に反感を持たれたくなかったから」とコリーヌは説明する。毎週歌い続けるうちに、彼女の音楽のテイストの幅は広がっていった。そして青少年クラブのリーダーからエレキ・ギターをプレゼントされる。こうして作曲を始めた彼女は、ロック界で最も革新的なバンドの一つであったレッド・ツェッペリンにのめりこんでいく。
「10代の頃はツェッペリンの大ファンだった。なんとかして彼らのようになって、自分の音楽を作りたいと思っていたわ」
--
Amazon.co.jpより引用



これはレッド・ツェッペリンの『Since I've been loving you』のカバー。


これはたまらんです。
夕暮れのホワイト、いやグリーンでもいい。もしくは、ヘブンのトリ。
こんなシチュエーションで彼女の歌声を聞けるかと思うと、今から興奮がとまらんです。
  1. 2010/04/18(日) 17:23:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジロック09 ~BOOKER T.

忌野清志郎スペシャル・メッセージ・オーケストラにも参加したBOOKER T。そのときも歌ったのだが、ここでも最後に「the dock of the bay」を披露。
なんて優しいメロディーとボーカル、そしてオルガンの音色。
きわめてシンプルなのに、人の心をこうも鷲づかみするなんて、ホントすごいっす。



原曲はソウルミュージック史の重要人物、オーティス・レディングによるもの。
航空事故で26歳で死去したそうな。なんと惜しまれる。。

こちらは豪華共演版。


そんなわけで今年のフジはここで終わり。
あとは、メシ食ったり、遠めで音を感じたり、友達とダベったりしてました。
やっぱりフジ楽しいっす。1年に1回はこういうの、来たいっす。
また来年~。
  1. 2009/08/31(月) 01:29:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。